フリーランスエンジニアの武器選び

どうも、イソップです。

こんなツイートを見かけました。

ぼくも単価の安さに直面して、どうすればいいか試行錯誤したので、かなり深く共感しました。
そのとおりだと思います。

結局儲かるジャンルや戦い方ってのがあって、そのジャンルや戦い方を理解して選択・深掘りしていく。
そして定期的に新しい情報を仕入れてメンテナンス・アップデートする。

そうすることで一定の需要に応えられるし、それがあなたの絶好の武器になる。
必ずあなたにお願いしたいという人が現れます。

つくづくフリーランスは自分が商材だなと思い知らされます。
相手の「欲しい」に応える必要がありますからね。

そしてフリーランスで活躍していくには、日々の勉強が超重要。

常に武器を持っていないと、営業もできません。自分を売り込むことができない。
置いていかれたらもう遅いんです。

武器の選定と日頃の勉強や鍛錬が、フリーランスとしての価値をぐっと上げてくれます。

今よりもっと稼ぎたいのであれば、自分に合った武器を選びましょう。
合う合わないは人によって必ずあるので。

その後は信頼を得るにはどうするかを考えるのみ。
よかったら次の記事もあわせて読んでみてください。

[kanren postid=”1455″]

五十川 洋平(Yohei Isokawa)

五十川 洋平(Yohei Isokawa)

フロントエンドエンジニア/面白法人カヤックなどのWeb制作会社に勤務したのち、故郷の新潟に戻り独立。JSフレームワークAngularやFirebase、Google Cloud Platformを使ったWebアプリ開発が得意。 また、Udemyのプログラミング解説の講師、writer-app.comの自主開発や上越TechMeetupの主催などを行っています。

プロフィール