HD映像でYoutubeライブ配信ができるWebカメラを購入してみた

HD映像でYoutubeライブ配信ができるWebカメラを購入してみた

1週間前に開催した上越TechMeetup #2でどうしてもYoutubeライブでの配信をしたかったので、はじめてのWebカメラを購入しました。

Webカメラと言っても、調べてみるとなかなかピンきりなので迷いました。

ロジクールの「c920r」を買ってみた

c920r 外装

ぼくがチョイスしたのは、ロジクールの「c920r」です。

フルHD(1080p)対応でカメラの両端にはステレオマイクが内蔵されています。
解像度は1920 x 1080。そしてなんとオートフォーカス機能完備です。

c920ズーム

大きさは手のひらサイズで、Webカメラの中では標準的なサイズでしょうか。
ガラスレンズなので高精細に撮影できます。

c920r取り付け例

さっそくMacbook Pro 15incに取り付けてみました。
存在感はあるけれど、スッキリとしたデザインなのでかなり馴染みますね〜。
取り付け方法は、カメラの下側にあるブラケットで、取り付け部分を挟むように取り付けます。

c920r三脚への取り付け例

また下面には三脚の取り付け穴もあるので、上の写真のように三脚での撮影も可能です。
この写真はVelbonのカメラ三脚に取り付けてみました。

PCとはUSB接続なので、ケーブルさえ届けば三脚で安定して撮影することができます。

実際に使ってみた

ということでイベント当日、Webカメラを使用してYoutubeライブで配信を行いました。
実際の映像はこちらです。

※このときは三脚を使って撮影しています。

アーカイブを見てみると、映像はそれなりな印象を感じました。
今回は利用しなかったのですが、エンコーダを利用すればもっとキレイに配信できそうです。

内蔵マイクのほうはあまり期待していなかったのですが、想像以上に必要十分な感度で音を拾えていました。
PC内蔵のマイクを使うよりもc920rのマイクを使ったほうが数倍良いです。

とはいえ、Skypeなどのビデオチャットでは性能に申し分ありません。
PC内蔵カメラと比べると画質の差は雲泥の差です。
ビデオチャットの品質を上げたいのなら、c920rはマジガチでおすすめ。

というわけで、手の出しやすい価格帯でなかなかの性能のWebカメラを手に入れることができました。
Webカメラを買おうか迷っている方は参考にしてくださいませ〜。

五十川 洋平(Yohei Isokawa)

五十川 洋平(Yohei Isokawa)

フロントエンドエンジニア/面白法人カヤックなどのWeb制作会社に勤務したのち、故郷の新潟に戻り独立。JSフレームワークAngularやFirebase、Google Cloud Platformを使ったWebアプリ開発が得意。 また、Udemyのプログラミング解説の講師、writer-app.comの自主開発や上越TechMeetupの主催などを行っています。

プロフィール