【Windows/Mac対応】書き起こし用の音声再生アプリ「writer.app」を作りました

文字起こしサービス「writer.app」を作りました

スポンサーリンク

どうも、イソップです。

ライターさんからWindows・Macの両方で使える音声再生アプリが欲しいと要望があったので、それならすぐ作れるよってことで作ってみました。

writer.app

概要

至ってシンプルな音声再生アプリです。
一番の特徴は再生スピードを変更できること。
文字起こしをする際に会話のスピードが早くて入力が追いつかないことがあると思うのですが、これを解決します。

使える機能は以下の通りです。

  • 音声ファイルの追加・再生・停止
  • 波形データ(タイムライン)をクリックして現在の再生位置を操作可能
  • 音量・再生速度の変更
  • テキストエディタ
  • 音声入力・フルスクリーンモード
  • NEW 音声入力の言語選択

対応ブラウザ

Chrome、 Firefox、Safari、Microsoft Edge、IE11

※スマートフォンでは動作しません。

対応音声フォーマット

.mp3、.mp4、.wav、.ogg、.m4a など。

【参考】HTML5 の audio 要素と video 要素でサポートされているメディアフォーマット

使い方

アプリケーション画面
  1. UPLOADボタン、画面中央の+ボタンをクリックして音声ファイルを選択します。
  2. 読み込みが完了すると、波形データが表示され再生可能になります。グラフはクリック可能です。
  3. PLAYボタンで再生、STOPボタンで停止。(スペースキーで[再生/停止]の切り替え可能)
  4. 音量・再生速度のスライダーを横に移動することで数値変更が可能です。

※音声ファイルはどこにも保存されません。
※ファイルアップロードは画面へのドラッグアンドドロップでも追加出来ます。
※くれぐれも音量にはご注意ください。
※ファイルのアップロード上限は50MBを目安にしてください。データが重いとエラーになる場合があります。

17/12/12追記 : テキストエディタを追加しました

テキストエディタ

一部ライターさんからご要望があったので、画面下部にテキストエディタを追加しました。
文字起こし用にご利用ください。

このエディタは、入力した内容を10秒毎に自動保存します。

保存時のテキスト表示

ブラウザにテキストが保存されるので、ブラウザ間では引き継がれません。
また、PCが変わった際も引き継がれませんので、ご了承お願いします。

今後もっと入力しやすいようにアプリケーションを作り変えていく予定です。

17/12/24追記 : 音声入力機能を追加しました

Chromeのみの限定機能ですが、PCにマイクがあれば音声入力による文字起こしが可能です。
マイクアイコンでON/OFFが切り替えできます。

現在実験的な機能なので、言葉の認識ミスがあります。
また、音声データでBGMが流れていると認識しづらいことがあります。

(一番右の四角アイコンはフルスクリーンモードです)

音声入力例

マイクに向けてスマホで録音音声を流せば、間接的に文字起こしすることも可能です。
上の画像はラジオ音声を文字起こしした例。

音量は大きめで再生したほうが、アプリで認識しやすいです。

18/2/17追記 : writer.appを利用した自動文字起こしの方法について

こちらのページにやり方を記載しましたので、参考にしてください。

18/2/19追記 : 音声入力の言語選択を追加しました

音声認識の言語選択を追加

音声入力時の言語を選択できるようにしました。
音声を再生する前に選択してください。

現在選択できるのは、日本語、英語(アメリカ)、英語(イギリス)の3言語をご利用いただけます。
デフォルト設定は日本語です。

他の言語については随時検証・追加していく予定です。
(要望あればメッセージお願いします)

18/2/20追記 : 音声認識の注意点

音声データの雑音に注意

BGMが流れていたり、雑音が多いと音声認識の精度が落ちてしまいます。
あまりに雑音が多く認識されない場合は、audacityなどの加工ソフトで音声のノイズを除去してみてください。
クリアな音声が一番認識します。

サウンド設定に注意

Soundflowerの設定を変更すると、スピーカーから音が流れなくなります。
文字起こし終了後は、サウンド設定の出力・入力設定をもとに戻すのを忘れないようにしてください。

また、音量を最大に設定することになりますので、音量設定にはくれぐれもご注意ください。

音声データをアップロードできない場合の対処法

writer.appへのデータアップロードでエラーになってしまう場合は、
データ容量が重すぎる可能性があります。

アップロードするファイルサイズは、上限50MBを目安としてください。
(上記はあくまでも目安です。PCのスペックにより変動します。)

エラーになる場合は、音声ファイルを分割してみてください。

18/2/23追記 : キーボードショートカットを追加しました

こちらのページにキーボードショートカットの一覧を記載しましたので参考にしてください。

writer-appのキーボードショートカット一覧 – ポップコーン

ご意見・ご要望

現在最低限の機能だけを実装していますが、みなさんにとってより使いやすいアプリにしていく予定です。
不具合がある、こうして欲しい、などありましたら、お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡ください。

頂いたご意見・ご要望には迅速に対応します。

writer.appを応援しませんか?

アプリケーションを気に入ってもらえたら、開発を応援してみませんか?

【yisokawa@popcorns.jp】宛てにAmazonギフト券を送ると、開発の手助けができます。
また優先的に要望に応えられるかもしれません。
(内容によります)

文字起こしサービス「writer.app」を作りました