失敗を恐れるな、ということを声を大にして言いたい

スポンサーリンク

失敗するのは誰だって嫌ですよね。

失敗をしてしまうと人から怒られる。損する。嫌な気分になる。
だから、絶対失敗しないようにする。安全圏を確保する。

果たしてそれが正しいですかね?

失敗しないことはもちろんいいことですけど、その反面、成長するチャンスを逃す、チャレンジする機会を逃す、
直面している問題から自分と向き合わずに逃げるということです。

これって、自分の為になりますか?
成長しなくても安全なところにいられればいいって考えですか?

そんな考えつまんないなって思いますし、そもそも楽しくないですよ。
その人はもう成長しない、そこまでの人間ってことですよ。

失敗するのが怖いから何もしない。
そうなるとあらゆることが怖くなって何もできなくなります。閉鎖的にもなります。

保守的な考えが自分を押さえつける。
そんな人生もったいないです。

「失敗は成功のもと」とはよく言ったもんで。

失敗なしでは成功はあり得ない。
成功続きなんてこの世には存在しないと思っています。

たとえ派手に失敗しても自分が受け入れればいいんです。
ちゃんと失敗について考えれば、必ず次につながります。
人は失敗から学ぶわけです。
失敗からしか学べないこともあります。
自分の失敗を受け入れられない人は安全圏にいればいい。

これから成長したい人はどんどん失敗すれば良いと思います。
失敗する度に失敗からきちんと学ぶ習慣を身につけることです。
失敗しても大抵なんとかなります。

対象はあくまでも自分で、周りなんてあまり関係ないんです。
必要のない思考のリミッターは外しましょう。

スポンサーリンク