未経験から3ヶ月で転職できる! 通学スタイルのプログラミングスクール徹底比較

未経験から3ヶ月で転職を目指す、通学型プログラミングスクール徹底比較!

今の仕事は楽しいですか?

ぼくはエンジニアになる前は地元で工場勤務だったのですが、仕事はお金のためにこなすだけの毎日を送っていました。
正直言って仕事へのやり甲斐はそこまで感じていませんでした。

あるとき、そんな毎日に嫌気が差して「人生一度きりなんだから」と思い立ったが吉日。
上京してWeb系のスクールに通い、その流れでエンジニアになりました。

振り返ってみると、断然エンジニアのほうが楽しい毎日を送れています。
今では故郷に帰り、フリーランスのエンジニアとして好きな時に好きな場所で好きな仕事をして生きているのです。

エンジニアは稼げます

そしてはっきりと言いますが、エンジニアはかなり稼げます。

エンジニアの平均年収は606万円

他の職種に比べて年収が200万円の差も出ているデータもあるほどです。

その理由として、IT業界は全体的に報酬が高い。
エンジニアは専門職なので当然重宝されますし、会社の利益が出る分社員に還元しようというは当然の流れです。

ぼくの場合だと、エンジニアになる前から比べるともう歴然です。会社員の時で比較すると月10万円程度は手取りに差が出ました。

それにエンジニアには将来的にフリーランスや起業の選択肢があります。
ビジネスに興味がある人だったらさらに収入を得ることも可能なのです。
そして今後ますますエンジニアの需要が高まる一方なのです。

エンジニアになるための近道はプログラミングスクールに通え!

じゃあエンジニアになるにはどうしたらいいか?
間違いないのはプログラミングスクールに通うこと。独学でもエンジニアになることは可能ですが、かなりハードルが高いしモチベーションが続かないのです。これまでにぼくも経験があります。

だからこそプログラミングスクールに頼ってほしい。中途半端に独学で勉強するくらいならやらないほうが良い。理解も浅いし時間の無駄です。相応の覚悟があっても大抵は失敗します。

プログラミングスクールに通っても必ずしも就職できるわけではない

ただし、プログラミングスクールに通ったところで必ず転職できるか?と言うとそうではありません。

なぜならスキルアップを目的としたコースを用意しているスクールもあるからです。
例えば、最近人気のAI(人工知能)コースやPythonなどの言語コースなど、スキル別にコースが用意されているものがこれにあたります。こういうコースはエンジニアの総合力で見た時のほんの一部分のスキルを学ぶのです。そういったスクールでの転職サポートはそこまで手厚いものではありません。

エンジニアとしての総合力が養われるかどうかという点がスクール選びでは一番重要です。

転職に強いプログラミングスクールはレベルが高い

そこで転職をゴール設定としたプログラミングスクールが存在します。
エンジニアとして必要な知識や実践的なスキルを学び、未経験からでも上場企業に就職出来るレベルまで徹底的に鍛え上げるレベルの高いスクールばかりです。

ブラインドタッチが出来ない人でもスクールに通ってエンジニアとして転職した、という事例はとても多く、やはり転職を目標にしたカリキュラムは裏付けられた実績があるように思います。

転職・就職に関しても、スクールの母体が転職支援サービスを行っているところが多いです。そのため、現場のニーズをフィードバックした上でカリキュラムを構成しているので、違うスキルを学べばよかったと後悔することはありません。

プログラミングスクールに通うメリット

その他にもプログラミングスクールに通うことで得られるメリットがあります。

  • ちょっとしたことはすぐに講師に質問できるし、聞き放題
  • 受講生同士の繋がりができる
  • 最近の動向や求人情報が集まりやすい
  • 周りから刺激を受けやすい

どうでしょう? 絶対に独学では得られないメリットばかりです。
ぼくもスクール出身なのですが、上記のメリットは本当にありがたくて学習のモチベーションに繋がったのも事実です。

イソップがおすすめできる転職に強いプログラミングスクールを紹介します!

というわけで、転職サポートが充実したプログラミングスクールの特長について書いてきましたが、具体的にどこが良いのかというのはみんなが気になるところです。
そこで、現役エンジニアであるぼくの視点から絶対に外さないプログラミングスクールを厳選してみましたので詳しく紹介したいと思います。

1. GEEK JOBキャンプ 社会人転職コース

GEEKJOB キャンプ 社会人転職コース

まずはじめに紹介したいのが「GEEK JOBキャンプ 社会人転職コース」です。
プログラミング学習支援や人材紹介サービスを展開しているグルーヴ・ギア株式会社が手がけるスクールです。
1番の特長は受講料。20代だと、なんと無料でプログラミングを学べるのです。

GEEK JOBキャンプは無料で受けられる

なぜ無料で受講できるのかというと、コースを修了し就職が決まった時に就職先の企業がお金を出してくれるという仕組みだからです。もちろん教材費なども負担の必要はありません。
これはお金がない若い人には嬉しい制度。他のスクールではやってないので、かなり受講しやすいのではないでしょうか。
30歳以上は無料にならないのか?というとそうではなく、受講時はコース費用を支払った上で申込みをして、修了後の就職が決まった段階で全額キャッシュバックされます。
この仕組み最高じゃないですか?

GEEK JOBキャンプのコース内容

GEEK JOBキャンプではPHP/Java/Rubyから言語を選択してWebアプリケーションエンジニアを目指します。
具体的には、初心者向けにPCの基礎知識からプログラミング言語やデータベース、サーバーについて学び、最後のまとめとしてオリジナルのWebサービスを構築します。
そして作成したWebサービスを実績として就職活動を行うことになります。

  • PCの基礎知識
  • ネットワークの基礎知識
  • プログラミング前提知識(プログラミングとは、基本の仕組み、システム開発)
  • プログラミング的思考方法(フローチャート アルゴリズム)
  • プログラミング基礎学習
  • 組み込み関数
  • データ操作
  • データベース基礎
  • オブジェクト指向(考え方、クラス、MVC)
  • 巨大なソースコードの改修
  • 総まとめ
  • オリジナルサイト作成(仕様作成、開発、テスト)

GEEK JOBキャンプの受講場所と期間

九段北の教室です。

GEEK JOBキャンプの受講生の声

> K・Yさん(25歳)
>休み時間とかにパソコンやアプリの話、業界の話を他のキャンプ生がしているんですけど、そういう雑談から講義とかでは得られない生きた情報が得られるのは良いところだなと思います。
また気軽に他のキャンプ生に質問できる環境もいいなと思います。どのキャンプ生に質問しても、みなさん同じところで詰まっていたりするので、互いに切磋琢磨しながら課題を進めていくことができました。

まずはGEEK JOBキャンプでプログラミングを学んでキャリアを積み、将来的な足がかりにするにはうってつけのスクールだと思います。

 

2. Tech Boost

tech boost

次に紹介するのが「Tech Boost」です。
エンジニアの求人サービスTech Starsや人材紹介サービスTech Stars Agentを運営しているBranding Engineer社が手がけるスクールです。

Tech Boostのカリキュラムは現場からのノウハウ

母体が人材紹介サービスを運営しているだけあって、受講カリキュラムにはノウハウがふんだんに盛り込まれています。また同じ理由で、就職サポートは他のスクールよりも手厚く様々な就職先を用意してくれます。

唯一最新技術が学べる

Tech Boostが他のスクールと違う一番の大きな点は、「ブロックチェーン」「AI」「IoT」などの中からひとつを選び学習できるコース設定。他のスクールはWebアプリケーションを作るところで終わりますが、これから確実に盛り上がってくる技術を学べるのはTech Boostだけです。
ブロックチェーンはまだ時期尚早だなんて言われていますが、絶対にこれから波が来ます。こういった最新技術は早いうちから手を出しておくと、後になって重宝されることが多いですね。

Tech Boostのコース内容

Tech Boostのコースは3段階に分かれます。
①サービス開発基礎
②サービス開発実践
③トレンド技術

Tech Boostの受講場所と期間

渋谷の教室で受講します。
3か月から。

Tech Boostの受講生の声

違う業界からの転職に成功しました

受講する前は教育業界で働いていましたが、プログラミングに興味を持ちエンジニアとして転職することを決意。受講前は不安を感じていましたが、エンジニアのメンターと二人三脚でカリキュラムを進めていくうちにその不安も払拭されました。また、キャリアについても親身に相談にのっていただいたことで、理想の職場に転職することができ感謝しています。TECHBOOSTは女性にも未経験の方にもおすすめしたい、素敵なプログラミングスクールです。

オリジナルアプリを元に起業

TECH BOOSTでオリジナルアプリを作成し、それを元に起業しました。アプリを作る時は解決できないようなエラーに何度も遭いましたが、専属メンターにいつでも質問できたので無事完成にたどり着くことができました。またキャリアメンターの方が起業について詳しく、起業に際してのためになる話なども聞くことができ、プログラミング以外の面でも学べることの多いスクールでした。

最新技術を学んで差をつけたいかたにおすすめのスクールです。

 

3. WebCamp PRO

WebCamp PRO

次に紹介するのが「WebCamp PRO」。
WebCamp PROはこれまでに3000人を輩出している実績の高いプログラミングスクールです。

実績に裏付けられたサポート体制

3000人を輩出している実績はだてじゃありません。なんと言ってもキャリアアドバイザーの質が良い。
将来を見据えたキャリア設計をサポート。
しっかりとした自己分析。
採用面接の事前練習を何度も実施。
面接の前には的確なアドバイスをもらえる。
などなど、今回紹介するスクールの中では転職サポートが一番優れています。

就職できなかったら全額返金制度

手厚い就職サポートを行っているWebCamp PROですが、もし就職できなかった場合は全額返金される制度もあります。それほど受講生の就職には自信を持っているスクールなのです。
くれぐれも、わざと就職できないように振る舞うことはしてはいけませんよ。

WebCamp PROのコース内容

WebCamp PROではHTML/CSS/JavaScriptなどのWebフロントエンド技術やRuby/Ruby on Railsのサーバー実装を学習し、Webアプリケーションエンジニアを目指します。
中盤はECサイトを題材に複数人で開発を行い、より実際の現場で行われている開発方法を経験しながら学びます。
最終的には自分で考えたオリジナルのWebサービスの開発を行って、転職活動に進みます。

WebCamp PROの受講場所と期間

WebCamp PROの教室風景

渋谷の教室で受講します。
期間は3か月。

WebCamp PROの受講生の声

吉田真人さん
新卒として大手の通信サービス機器販売会社に入社しましたが、社会人をこれから10年20年やっていくことを考えた時に、営業をそのまま続けていくことに不安を感じエンジニアを目指しました。転職期間中は担当のキャリアアドバイザーの方から的確なアドバイスがあって、面接した企業はスムーズに内定までいきました。将来はエンジニアとして自分で稼げる力を持ちたいです。

中村駿汰さん
自分で企画からリリースまで関わる仕事がしたいと思い、IT業界に興味を持ちました。様々なスクールと比較しましたが、キャリアサポートが充実しているという評判からWEBCAMP PROへ通うことにしました。キャリアアドバイザーの方と行った自己分析や面接練習はとても役立ち、希望の企業に転職することができました。IT業界への転職のハードルは思ったより高くないと感じたので、熱量を持って本気でやれば転職できます。

転職サポートがしっかりしている安心感はどこよりも高いです。
WebCamp PROは、転職活動が苦手という方には特におすすめのスクールです。

 

4. TECH::EXPERT

TECH::EXPERT

最後に紹介するのが「TECH::EXPERT」です。
どのスクールよりもガチンコでエンジニアを目指す、イソップ大注目のスクールです。

コードレビュー、ペアプロで学習濃度が濃い

TECH::EXPERTの強みは、講師によるコードレビューと他のスクールで行っていないペアプログラミングを採用している点です。

コードレビューは他の人から自分のコードを確認してもらい具体的な改善案をもらうことなのですが、これがかなりの勉強になります。
実務でもコードレビューはよく行います。TECH::EXPERTでは現役エンジニアの講師からコードレビューをしてもらえるので、自分の引き出しにはないコードの書き方などがよくわかり初心者には効果絶大です。
ペアプログラミングは、2人1組でコードを書いていく手法です。コード設計や実際にコードを書く作業を2人で行うので、ひとりよりも完成度の高いコードを書くことが出来ます。
他人のコード改善もプログラミングが上達するポイントです。

TECH::EXPERTではより本質的な学習が望めます。

全額返金保証制度あり

TECH::EXPERTでも全額返金される保証制度が用意されています。
受講してみたけどなんか違うなと思えば、学習を開始した時点から14日以内であればいつでも返金に応じてもらえます。

オンライン受講も可能

また、TECH::EXPERTでは完全オンラインの受講も行っています。
教室に通う場合と変わらない内容で受講できるのが良いですね。
そして通学する場合よりも費用が安くなる分、代わりに転職サポートを受けられないのがデメリット。
でも、田舎でそもそも周りにスクールがないという方には確実におすすめですよ。

転職支援サービスは簡単な選考プロセスがあります

TECH::EXPERTで転職支援を受けたい場合、事前に簡単な選考プロセスを受ける必要があります。
とは言っても、書類審査とビデオ通話による面接です。
書類審査に関しては、Web上でアンケートの記入と簡単な読解問題を行います。これはエンジニアとしての見込みがあるかを確かめるものです。すでに受講を検討している人にとってはパスできるので安心して下さい。
ビデオ面接ではあなたのこれまで経歴やエンジニアになる意気込みなど、あなた自身のことについて質問されます。
ぜひやる気を全面に出してアピールしてほしいですね。

TECH::EXPERTのコース内容

TECH::EXPERTでは、HTML/CSS/JavaScriptなどのWebフロントエンド技術に加えてRuby/Ruby on Railsのサーバー実装を少し踏み込んで学習します。データベースの知識や最近主流のAWS(Amazon Web Service)によるクラウドでのサーバー構築などもしっかり学べます。
最終的にはゼロからWebサービスを構築できる、モダンなWebアプリケーションエンジニアを目指します。

TECH::EXPERTの受講場所と期間

TECH::EXPERTの教室は渋谷

渋谷の教室で受講します。

短期集中コースは10週間、仕事や学校に通いながら夜間と休日を利用する場合は6か月。
オンラインの場合は4か月でコースを受講します。

TECH::EXPERTの受講生の声

花家研一さん
TECH::EXPERTを短期集中コースで受講する場合は、前職を辞める決断が必要なのでとても不安が大きいと思います。しかしどれだけ努力するかで、「仕事をやめようかどうか思っていた不安」の何倍以上の見返りがついてきます。それを実現できる環境がTECH::EXPERTにはありました。未経験からスキルを得られ、しかも就職支援までついているため、新たな道へ踏み出せる環境が整っていると思います。

大木彩さん
TECH::EXPERTでは、主体性が強く求められます。基本的には自分で学習し、自分で問題を解決していかないといけない場所です。人から何も言われなくとも「やるぞ!」と自分でモチベーションを高めて、積極的に学習に取り組める人でないと、もしかしたら向いていない環境かもしれません。

受講生の方は未経験から始めた方ばかりですが、志の高さが目に付きました。
これは受講する前から抱いていたものではなく、受講の中でモチベーションが高まり、TECH::EXPERTのサポートを通して自分のやりたいことを明確にできたという人が多いからこその結果です。
ぜひエンジニアとして自己実現を考えている方はTECH::EXPERTの受講を考えてみてください。

また過去にTECH::EXPERTに関しての個別記事も書いていますので、あわせて読んでみてください。

エンジニアとして活躍するためにTECH::EXPERTを選ぶ理由

2018.05.19

 

学費が高い? 後から楽勝ペイできますよ

ということで、4つのスクールについてご紹介しました。
その中で、スクールによっては学費が高いと思われた方もいたと思います。
中には30〜50万円のコースもあり、普通に考えれば結構な大金です。

でもここで勘違いしないでください。
エンジニアになってしまえば、いくらでも後から取り返せるのです。
記事の一番はじめに紹介した、他の職業との比較で年収が200万円近く差が出るというのは事実です。
確かに受講するには思い切りが必要ですが、自分の人生単位で考えると自己投資としては決して高くないと言えます。

ぜひ自分のやりたいことを仕事にする手段として、プログラミングスクールを受講する選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。
エンジニアへの道、ぼくは応援しています。

未経験から3ヶ月で転職を目指す、通学型プログラミングスクール徹底比較!

更新情報はTwitterでも配信しています