本でプログラミング勉強するのって辛くないですか?

スポンサーリンク

ぼくは書籍でのプログラミング学習が苦手なんですよね。

よし勉強するぞ! と意気込んでプラグラミング言語の本を買っては見るものの、なかなか捗らなくていつの間にか積読になってる。。
なーんて経験に見に覚えがありませんか?
ぼくは何冊も積読にしてきた経験があります。

Railsで言えば、v3時代に1冊積読。
v4時代にまたしても1冊積読。
そして危うく現在のv5でも同じことが起こりそうでした。

同じことを繰り返しているのが恥ずかしくてしょうがない。

書籍での勉強が続かないのはなぜか?

書籍で勉強できない理由はいくつかあります。

プログラミングを勉強する目的が曖昧だったり、勉強のスケジュールが立てられてなかったり、書籍のチョイスミスだったり。
それに、独学が向いてない人だっていますよね。誰かに教えてもらうのが好きな人。

そういう人たちは続けることができません、残念ながら。

でも安心してください。
その中にぼくも入っていました、今まではね。

これからは本よりも動画の時代

ぼくは去年くらいから本を買うのをやめて、Udemyで動画を見ながら勉強することを始めました。

始めはRailsの動画を見てみたんですよね。
そしたら12時間くらいの動画を最後までサラッと見てしまったんです。

そのときの模様はこちらの記事を読んで下さい。

【短期間の効率的な学習に最適!】UdemyでRuby on RailsのWebアプリ開発を勉強してみた

実践的な内容で手を動かしながら勉強できたので、最後まで飽きずに勉強できたのが本とは違うところでした。
早く次を進めたくなる感じ。
なにより講師の画面が動画に収録されているので、聴き逃したら止めて巻き戻したり、時間がかかりそうなら一時停止しちゃうこともできます。

おぉ、これはいいぞと。
内容も初心者には優しいので勉強のハードルが低い。

ということで、その後も気になってたAdobe PremiereやAfter Effectsの動画もガガッと続けて購入して見ました。

控えめに言ってものすごく分かりやすかったです。

動画学習に可能性を感じた

1本でも見終わると基礎がわかるので気持ちが乗ってきます
Railsの動画コースを見終えた後は、おれもオリジナルのサービス作るぞ!! くらいのテンションでしたよ。
コースで作ったものを少し改変すればいくらでも自分のアプリケーション作れますからね。

それで動画学習はめちゃくちゃありだと身をもって感じたので、自分も講師としてコースを作りました。

【最新v5対応】はじめてのAngular入門 実践シングルページアプリケーション(SPA)構築

始めは口下手だし出来るかなと思ってましたが、今では技術を動画で教える感覚も楽しんでます。
あれ、なんかただの宣伝になってしまった。。

Udemyはハイクオリティなコースが多い

Udemyではぼくが勉強したRailsはもちろん、Pythonなどもデータ解析や機械学習のコースがありますし、スマホアプリ開発もとても内容が良いコースが充実しているので初心者にはつまづきづらいです。

そしてWebフロントエンドのコースも去年から今年にかけてかなり増えています。

書籍で勉強するのが面倒になったら動画を試してみては?
まずは基礎固めしたいひとにはもってこいですよ。

Udemyはこちら