本でプログラミング勉強するのって苦痛じゃないですか?

ぼくは書籍でのプログラミング学習が苦手なんですよね。

よし勉強するぞ! と意気込んでプラグラミング言語の本を買っては見るものの、なかなか捗らなくていつの間にか積読になってる。。
なーんて経験に見に覚えがありませんか?
ぼくは何冊も積読にしてきた経験があります。

Railsで言えば、v3時代に1冊積読。
v4時代にまたしても1冊積読。
そして危うく現在のv5でも同じことが起こりそうでした。

同じことを繰り返しているのが恥ずかしくてしょうがない。

書籍での勉強が続かないのはなぜか?

書籍で勉強できない理由はいくつかあります。

  • プログラミングを勉強する目的が曖昧。
  • 勉強のスケジュールが立てられてない。
  • 書籍のチョイスミス。

それに、そもそも独学が不向きの人だっていますよね。誰かに教えてもらうのが好きな人。
そういう人たちは続けることができません、残念ながら。

でも安心してください。
その中にぼくも入っていたんです、今まではね。

これからは本よりも動画の時代

ぼくは昨年くらいから本を買うのをやめて、Udemyで動画を見ながら勉強することを始めました。

始めはRailsの動画を見てみたんですよね。
そしたら驚くことに、12時間くらいの動画を最後までサラッと見てしまったんです。

Web開発入門完全攻略コース – プログラミングをはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

 

実践的な内容を手を動かしながら勉強できたので、終始飽きずに勉強できたのが最後まで続いた理由です。
ここが本と大きく違うポイントで、早く次を進めたくなるんですよね。
なにより講師のコーディング画面が動画で見れるので、聴き逃したら停止して巻き戻したり、時間がかかりそうなら一時停止しちゃうこともできます。

おぉ、これはいいぞ。
どのコースも初心者向けなので勉強のハードルが低い。

ということで、その後も気になってたAdobe PremiereやAfter Effectsの動画もガガガッと続けて購入して勉強しました。

控えめに言ってものすごく分かりやすかったです。
OMOKAGETVさんの解説は超絶わかりやすい。

動画学習に可能性を感じて講師を始めました

1本でも見終わると基礎がわかるので気持ちが乗ってきます
初めてRailsの動画コースを見終えた後は、おれもオリジナルのサービス作るぞ!!! くらいのテンションでしたよ。
コースで作ったものを少し改変すればいくらでも自分のアプリケーションが作れますからね。

それで動画学習はめちゃくちゃありだと身をもって感じたので、自分も講師としてコースを作りました。

【最新v5対応】はじめてのAngular入門 実践シングルページアプリケーション(SPA)構築

 

始めはすんごい口下手だし出来るかなと思ってましたが、今では技術を動画で教える感覚も楽しんでます。
あれ、なんかただの宣伝になってしまった。。

Udemyはハイクオリティなコースが多い

Udemyではぼくが勉強したRailsはもちろん、Pythonなどもデータ解析や機械学習のコースがあります。
それに、スマホアプリ開発もとても内容が良いコースが充実しているので初心者でもつまづきづらいですよ。

そしてWebフロントエンドのコースも昨年から今年にかけて急増しています。
未経験の方にも、再入門したい方にも相性が良いですよ。

書籍で勉強するのが嫌になったら動画を試してみてはいかがでしょうか?
スマホからも動画は見れるので、効率的に勉強したいひとにはもってこいですよ!

【Udemyのおすすめコースはこちらにもまとめています】

プログラミングのスキルアップは今がチャンス! Udemyの夏キャンペーンで最大95%OFF!!

2018.08.25

更新情報はTwitterでも配信しています