【ruby】配列の指定の位置から最後までを抜き出す

スポンサーリンク

たまにrubyを書く程度だと書き方を忘れてしまうのでメモ書きです。
配列の操作はよく使うので、できれば忘れたくないところ。

some_array.slice(2..-1)

[‘a’, ‘b’, ‘c’, ‘d’][2..-1]

配列の slice メソッドで 該当のインデックス..-1 で指定位置以降の内容を取り出せます。
その他にも、配列[該当のインデックス..-1]の添字形式でも同様に取り出すことができます。

プログラミング学習につまづいていませんか?

自分の力で勉強していく独学は大変です。ゼロからだとなおさら辛いはず。

一人でやっていると、誰かに教えてもらいたい、もっと効率的にプログラミングを学びたい、という場面が必ずあります。

ということならばスクールを検討してみてはいかがでしょう。

オンラインで完結するプログラミングスクール「TECH::CAMP」

TECH::CAMP

TECH::CAMPは人気・評判がともに高く、月額12,800円から受講できるオンライン対応のプログラミングスクールです。

TECH::CAMPでは、ネットで受講できて講師にも質問し放題なので、好きなときに必要な知識を重点的に勉強できます。
オンラインスクールを利用すれば、住んでる場所に関係なくプログラミングスキルが磨けますよ

独学がちょっと苦しくなってしまった……という方は、オンラインでの受講を考えてみてはいかがでしょうか。