【朗報!】エックスサーバーでモリサワWebフォントが無料で使えるようになったよ! (wpX・X2・sixcoreも)

エックスサーバーでモリサワフォントが無料で使える!

スポンサーリンク

どうも、イソップです。

エックスサーバーでモリサワフォントが使えるようになりました! わいわいわーい!!

うちもwpXクラウドを契約しているので、早速このブログのタイトルや見出しにWebフォントを設定しましたよ〜!

タイトルと、

タイトルのフォント変更

見出しと本文も。

見出しと本文のフォントを変更

どうです? 始めは慣れないかもしれないですが、文章の印象が変わって読みやすくなりました!

Webフォントってなに?

Webフォントというのは、サイトでフォントファイルを読み込むことで、
パソコンに入っていないフォントを自分のサイトに適用することができる仕組みです。

このWebフォントを使うことで、サイトのタイトルや見出しや本文などのフォントを変更して、
真面目系・新聞のような見ため・女性的・ポップ・和風テイスト、などなど
サイトのイメージをガラッと変えることができます

これまでフォントを変更するには、
自分でフォントを購入して、パソコンにフォントファイルをインストールして、
それをPhotoShopなどで画像に加工して…なんて手順があったんですが、
Webフォントならそんなことしなくてもサイトでフォントを指定するだけ
みんなのパソコンにフォントが入ってなくても問題ないのです!

そして適材適所でWebフォントを使えば、文字を目立たせたり文章を読みやすくすることができるので、ブログやアフィリエイトサイトに相性バツグンなんですよね。

モリサワのWebフォントが27書体利用可能!

そんなWebフォントをエックスサーバーで利用可能にしちゃったモリサワは老舗の国内フォントメーカーで、提供されているフォントはWebサイトや広告デザインなどを中心に幅広く使われています。

モリサワフォントの見本

どこかで見たことあるような書体がありませんか?? どれも有名なフォントばかりですよ。

そのモリサワフォントの中から利用可能なフォントは、デザインのプロも愛用する27書体(6/24時点)で、エックスサーバー系のサーバー(エックスサーバーwpXsixcoreX2)を契約していれば月々2.5万PV分無料なわけです!

しかも!

1ドメインにつき2.5万PVなわけですが、27書体の中から好きな書体を好きな数だけ使えます
これは太っ腹過ぎるわ、エックスサーバーさんよぅ!!

Webフォントの利用可能な書体一覧

オススメ設定は「ゴシックMB101 B」と「新ゴ」!

ぼくのオススメ設定は、次のとおり。

  • タイトル、見出しは「ゴシックMB101 B」。
  • 本文は「新ゴ R
  • 太字は「新ゴ M

このブログは上記の設定にしています。

タイトルは目立たせたいので太めの書体にして、
本文は読みやすさと真面目な印象の新ゴをチョイスしました。
(うちのブログはテック系記事など解説が多いので)

もしブログがしゃべり口調であれば、本文はTBUDゴシックのほうが割と丸い印象なので読みやすいと思います。
あと個人的なこだわりですが、「リュウミン」などの明朝体よりも「新ゴ」などのゴシック体のほうが読みやすいです。そのあたりは好みもあるので、実際に設定してみたり、次に紹介するサービスでガンガン試してみてください。

TypeSquare Web Font Tryout

TypeSquare(モリサワのWebフォントサービス)のサイトから、自分のサイトにWebフォントを擬似的に適用することができます。
URLを入力してサクッと確認できるので、もしフォント選びが不安だったら事前に試してみることをオススメします!

TypeSquare Web Font Tryout

Webフォントの設定方法はどうやるの?

エックスサーバーでのWebフォント設定は2通りあります。

  1. WordPressプラグインを利用する方法。
  2. HTMLを直接編集する方法。

WordPressを利用している場合、プラグインで設定したほうが簡単でオススメです。
そして、WordPressではないサイトの場合はHTMLに直接コードを記述する方法になります。

ちなみにWordPressの操作説明をざっくりとしておくと、

  1. エックスサーバーの管理画面でWebフォント設定を有効にする。
  2. WordPressプラグインをインストール・有効化。
  3. プラグイン設定で、タイトル・リード・本文にWebフォントを適用する。

という3ステップで設定完了です! 簡単ですね!!
(wpX、sicore、X2についても同様です。)

Webフォント設定のプリセットが用意されている

WordPressプラグインをオススメした理由は、始めから設定が用意されているのと、項目ごとに設定をカスタマイズできるのが使いやすかったからです。
ジャンル別に選択できるのはもちろん、タイトルはこのフォントで本文は違うフォントにする…なんてことも楽ちんでした。
(キャプチャの一番下に、自分で作成したイソップブログの項目があります。)

詳しい設定方法は、以下のリンクから確認してください。

Webフォント設定について(WordPressプラグイン)
Webフォント設定について(HTML記述形式)

使いたいフォントが使えるようになるかも? 「みんなの推しフォント総選挙」開催中!

みんなの推しフォント総選挙

そして最後に、現在エックスサーバーでは投票キャンペーンを実施中です!
みなさんの投票により選ばれた3書体がWebフォント機能に追加されます。それとは別に豪華景品あり

UD新ゴが魅力的だなぁ。(ぼくは昔から新ゴファンなのです)
エックスサーバーを契約していなくても参加できるので、気軽に投票してみてください〜!

みんなの推しフォント総選挙

エックスサーバーの詳細はこちらから↓

エックスサーバー
wpX
sixcore
X2

もしレンタルサーバー選びで迷っていたら、さくらのレンタルサーバーでもモリサワフォントは利用できるのであわせて読んでみてください。

エックスサーバーでモリサワフォントが無料で使える!