【Rails】.keepファイルは何のために存在するのか

どうも、イソップです。

Railsプロジェクトを作成すると、ディレクトリの中に .keep ファイルが作成されます。

Railsの.keepファイル

このファイル、中身は空っぽです。これは一体何なんでしょうか?

ディレクトリをGitの管理対象に追加する

Gitでは空ディレクトリは管理対象外になります。
そのため .keep ファイルのような空のファイルを配置して、Git管理下に追加しているんですね。

上記の目的で、他のWebアプリケーションフレームワークでは .gitkeepempty というファイル名も使われるようです。

.keepを作成しないようにする

この .keep ファイルが不要な場合、rails new コマンドの際に自動でファイルを作成しないための --skip-keeps オプションが用意されています。

$ rails new アプリケーション名 --skip-keeps

参考サイト

プログラミング学習につまづいていませんか?

自分の力で勉強していく独学は大変です。ゼロからだとなおさら辛いはず。

一人でやっていると、誰かに教えてもらいたい、もっと効率的にプログラミングを学びたい、という場面が必ずあります。

ということならばスクールを検討してみてはいかがでしょう。

オンラインで完結するプログラミングスクール「TECH::CAMP」

TECH::CAMP

TECH::CAMPは人気・評判がともに高く、月額12,800円から受講できるオンライン対応のプログラミングスクールです。

TECH::CAMPでは、ネットで受講できて講師にも質問し放題なので、好きなときに必要な知識を重点的に勉強できます。
オンラインスクールを利用すれば、住んでる場所に関係なくプログラミングスキルが磨けますよ。

独学がちょっと苦しくなってしまった……という方は、オンラインでの受講を考えてみてはいかがでしょうか。

更新情報はTwitterでも配信しています