バレンタインデー直前。カカオ70%の明治「THE Chocolate 力強い深み Comfort Bitter」を食べてみる

THE Chocolate
スポンサーリンク

どうも、イソップです。

もうすぐバレンタインデーですね。
この時期はどこに行っても、チョコ!チョコ!チョコ!

ちょうど通りがかったスーパーのチョコ売場で、おしゃれなパッケージのチョコを発見。
明治から2016年に発売された「THE Chocolate」。
なんともどストレートなネーミングですね。

ぼくは毎朝ラテを淹れて、チョコと一緒にたしなむのが日課なんです。
コーヒーとチョコの相性は、ものすっごい合って、マジでヤバいんですって。スタバのセミナーもあるくらいなんだから。

よーし、バレンタインデーも近いことだし、ピンときたこいつを試しに買ってレビューしたいと思います!

「THE Chocolate 力強い深み Comfort Bitter」

今回買ったのは、THE Chocolateの中でも一番ビターな「THE Chocolate 力強い深み Comfort Bitter」

THE Chocolateのパッケージ内側

パッケージの内側まで、すっごいオシャだなおい
捨てずにとっておきたいくらいだ……。

価格は200円オーバーと、他の板チョコなんかと比べると価格設定は圧倒的に高い。
とはいっても、こんなに外見のクオリティが高いんです。どんなチョコなのかワクワクしちゃいますね!

THE Chocolateの個包装

おぉ、それぞれ柄が違う……。 個包装は3つに分かれています。
女子ウケいいですよね、絶対。

THE Chocolateの個包装

パッケージを開けると、チョコの形状が目を引きます。
んんっ? よく見ると、形が4つに分かれていますよ?

THE Chocolateの形状

それぞれの形状によって口当たりが変わるため、味の感じ方が違うんですってよ奥さん!
左から時計回りに、ミニブロック型は口当たりが軽く、ギザギザ型はカカオの香りがより一層感じられるそう。
スティック型はガツンとカカオの力強さがあり、ドーム型は濃厚感が感じられます。

いやぁ、考えられてますね。こりゃ値段が高くても納得。
こういう変化があるといつもより味わって食べようとするから、食べるのが絶対楽しくなるやつです。

気になるお味は?

THE Chocolateの裏面

では食べてみた感想です。

口に入れた時に感じる、カカオの苦味と香り、口当たりのまろやかさが特徴的で、
ほんのちょっとの甘みと後からくる酸味が、爽やかクリアなチョコという感じでした。
そんなに甘くないので、カカオ感をダイレクトに感じます。

形状の違いについては、食感に加えて、口当たりの軽さやまろやかさの違いがありました。
ただ、微妙な違いなので、「言われてみれば確かに」という感じでした。
個人的にオススメの順番は、「ミニブロック → ギザギザ → ドーム → スティック」だと思います。
軽さから入って、香りを楽しんで、口どけのまろやかさを堪能、最後はどっしりとしたカカオを感じる。
なんてリッチな楽しみ方ができるチョコなんだ

またコーヒーとの相性ですが、いつも飲んでる丸山珈琲の定番ブレンド(深煎り)とは相性が良くありませんでした。
きっと強めの酸味が、どっしりとした味のコーヒーには合わないんでしょうね。
でも感覚的には、スタバのケニアあたりがすごく合いそう
食べ合わせもいろいろ試してみると面白いですよ。

2017年2月14日までTwitterキャンペーン実施中!

THE Chocolateのキャンペーン実施中

明治 THE Chocolateでは、現在Twitterキャンペーン実施中です。

バレンタイン企画vol.2 あなたが贈りたいチョコレートはどれ?

14日まで投票できますので、合わせてぜひ参加してみてください!

スポンサーリンク