まだ切手貼って請求書送ってるの? 1クリックで送れるfreeeの郵送サービスがめちゃくちゃラクちん!

スポンサーリンク

どうも、イソップです。

日頃思うんですよね、なんで請求書の郵送のために、こんなに時間かけなきゃいけないのかって。

請求書に間違いがないかしっかり内容を確認して、
取引先の住所書いて、
封筒にのり付けして、
「請求書在中」のスタンプ押して、
切手貼って…

なんてしてたら1通あたり10分は使うんじゃないでしょうか。
しかも何通も出さきゃないけない場合もありますよね。

それに加えて、ポストまで行かなきゃいけないですし。

ぼくは普段、請求書周りに関しては、クラウド会計サービスの「freee」を使って作成していますが、
昨年嬉しいことに請求書の郵送サービスが新しく開始されました

しかも、これがまた業界一安いんです。

freeeの請求書郵送サービスとは

請求書郵送の実際のイメージ

freee / Via freee.co.jp

freeeの請求書郵送サービスは、請求書画面から1クリックで郵送依頼できて、3〜4営業日で到着する郵送代行サービスです。
一度に郵送できる枚数は、6枚つづり以内
ちなみに、freeeでは請求書の他に、見積書や納品書や発注書も作成できますが、郵送対応はしていません。請求書のみ。

【関連リンク】会計freeeの請求書郵送サービスについて

freeeの郵送サービスは1通「150円(税別)」

カラー・モノクロ関係なく1通につき、150円(税別)。税込162円也
80円切手プラス手間賃を考えると、これは安い。

料金の支払いは、freeeで登録されているクレジットカードで支払われます。
もちろん領収書も発行されますよ。

他の請求書郵送サービスと比較してみましょう。

MFクラウド請求書が、1通170〜190円。
Misoca(みそか)とCrewが、1通180円。
MakeLeapsが、1通199円。

freeeがどこよりも安いですね

ちりも積もれば山となる。
数が多くなればなるほど、その差は大きくなります。

freeeの請求書郵送の手順

郵送の手順は、簡単3ステップです。

郵送ボタンをクリック

まず始めに、freee内で郵送する請求書を選んで、郵送ボタンをクリック。
ポチッと。

住所を入力

取引先の住所が登録されていなければ、「取引先の住所を編集する」をクリックして、登録しておきましょう。入力後はちゃんと保存するのをお忘れなく。

郵送するをクリックして完了

最後に、ページ下にある「郵送する」をクリックして完了です。

これだけ! 簡単すぎる!!!

10分どころか、1分で終わります。

【関連リンク】請求書を郵送する

ケチらず時間を買いましょう

ぼくのようなフリーランスの人は、事務処理の時間がもったいないんですから、もっと郵送サービスに頼りましょう。
請求書にかける時間が短くなれば、もっと他のことに時間を有効利用できますよ。

いや、ホントに。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

【こちらもオススメ】フリーランスの強い味方。クラウド会計ソフトは迷わず【freee】でしょ