Jump to the content

ゼロからプログラミングを覚えたい人必見! 1ヶ月からの短期集中型プログラミングスクール徹底比較

Programming

    ゼロからプログラミングを覚えたい人必見! 1ヶ月からの短期集中型プログラミングスクール徹底比較

    どうも、イソップです。

    ぼくは今フリーランスのWebエンジニアとして日々生活していますが、 そもそもプログラミングを始めたのは25歳の時。 それまでコードなんて書いたことなんてない、全くの未経験の状態からHTMLやCSSを勉強し始めました。

    勉強を始めた当初、まず利用したのがWeb制作に特化したプログラミングスクールでした。 Webサイト制作の仕事をしたいと思って、すぐにコースやカリキュラムの説明を受けに行って通うことにしたんです。

    今思えば、この選択がかなり良かったんですよね。

    自分で参考書を買って、独学で勉強しながらWebサイトを作ることもできましたが、きっと挫折していたと思います。 なぜなら、勉強へのモチベーションが続かないから。 独学より誰かに教えてもらったほうがはるかに効率的だし、レビューをしてもらったりアドバイスがもらえるからモチベーションも下がりづらい。 これは断言できます。

    最近はスクールに通わなくたって、オンラインでプログラミングが学べるスクールが結構あるんです。 そのサービス内容やカリキュラムは、昔からは段違いに質が上がっています。

    今日はぼくがオススメする、オンラインで学習できるプログラミングスクールを紹介します。

    初心者でも安心のサポートが充実しているWebCamp

    WebCamp

    まずはじめに紹介するのが「WebCamp」。
    オンラインでの学習と合わせて、渋谷駅近くにある教室に通うことも可能なプログラミングスクールです。 受講生へのサポート体制がしっかりしていて、モチベーションが維持しやすく、他のスクールに比べて継続率が高いのが特徴。 最近、主婦・ママWebデザイナー向けのコースも登場して、空き時間に気軽にプログラミングが学べます。

    WebCampが向いてる人

    • これからプログラミングを始めたい人、プログラミング初心者の人
    • Webサイトを作りたい人
    • ブログやアフィリエイトを仕事にしたい人
    • Webサービスを自分で作りたい人
    • iPhoneアプリを作りたい人
    • 実際に講師に会ってアドバイスをもらいたい人

    WebCampのカリキュラム

    学べる技術は、フォトショップやイラストレーターを使用したWebデザインから、iPhoneアプリやWebアプリケーション開発まで幅広いです。
    ざっと挙げてみると、次のとおり。

    • Webサイト制作(デザイン・HTML/CSSコーディング)
    • ブロガー養成(WordPress)
    • アフィリエイター養成(WordPress、SEO、アフィリエイト)
    • フロントエンドデザイナー養成(Ruby on Rails、HTML、CSS)
    • Webサービス開発(Ruby on RailsによるWebアプリケーション開発、HTML、CSS、jQuery)
    • iOSアプリ開発(Swift、Xcode)

    講師の方とカウンセリングしながらカリキュラムを決めるので、 全くの初心者でも安心して学習できます。

    カリキュラムは目的別に用意されているパッケージを選択するのがスムーズですが、 自分の苦手な分野を集中的に選択することも可能です。 よくパッケージだけを提供しているスクールを見かけますが、 自分に必要なところだけ勉強したい人にもオススメですね。

    また渋谷にある教室は、11:00~23:00までいつでも使えて、常に講師がいるのでいつでも質問できます。

    WebCampの料金

    WebCamp料金表

    料金は、1ヶ月118,000円〜3ヶ月258,000円まで(税別)。 カリキュラムの内容に応じて、期間や金額も変わります。

    また、8日間満足できなかったら全額返金保証の仕組みもありますが、 この手のものは、条件が厳しかったりするので、気になる方は実際にお問い合わせいただきたい。

    プロブロガーのやぎぺーさんもWebCamp利用してます

    やぎろぐ

    月間70万PVの個人ブログ「やぎろぐ」で有名なやぎぺーさんも、卒業生紹介ページに掲載されています。

    ブロガー養成パックやアフィリエイター養成パックがあるので、 WordPressで本腰入れてブログ運営していきたい人や、本気でアフィリエイトでの収益を増やしていきたい人には持ってこいのスクールだと思います。

    現役エンジニアが講師のCodeCamp

    CodeCamp

    2つ目に紹介するのが「CodeCamp」です。
    WebCampとは違い、完全オンラインで講師がマンツーマンでレッスンしてくれるプログラミングスクールです。 なんと、講師が現役エンジニア。これは大きい。
    レッスンは毎日7時〜23時40分まで受講できるので、学校や仕事が忙しい人も朝や夜の空いた時間に学習できます。

    CodeCampが向いてる人

    • これからプログラミングを始めたい人、プログラミング初心者の人
    • Webサイトを作りたい人
    • Webサービスを自分で作りたい人
    • iPhoneアプリやAndroidアプリを作りたい人
    • 普段プログラミングをしない営業職や企画職だけど、プログラミングの基礎を覚えたい人

    CodeCampのコース

    CodeCamp

    大きく分けて、プログラミングコース、Webデザインコース、スマホアプリ開発コースの3つのカテゴリに分かれます。 わかりやすく目的別でまとめると、学習内容は以下のようになります。

    • Webサービス開発(PHPでのWebアプリケーション開発、HTML、CSS、jQuery)
    • Webサイト制作(デザイン・HTML/CSSコーディング)
    • フロントエンド開発(HTML、CSS、JavaScript)
    • iPhoneアプリ開発(Swift、Xcode)
    • Androidアプリ開発(Java)

    無料体験でとカウンセリングしながらカリキュラムを決めるので、 全くの初心者でも安心して学習できます。

    CodeCamp

    またCodeCampは他のスクールと比べて、受講可能期間がかなり長いのが特徴です。 上の画像はマスターコースでの例ですが、最長で9ヶ月間受講できます。日頃忙しい人には嬉しい制度じゃないでしょうか。

    CodeCampの料金

    CodeCampの料金は、48,000〜398,000円とコースによって様々です。 クレジット会社による分割での支払いに対応しています。

    全国どこでも受けられる、無料体験レッスンがあります

    CodeCampでは無料体験レッスンがあるので、雰囲気をつかんでみるために実際に体験してみてはどうでしょうか。 無料レッスンも現役エンジニアが対応してくれて、もしコースを迷っているのであればアドバイスももらえます。 やはりベテランからの生のアドバイスは、Webのどんな情報にも勝りますよ。

    TechAcademy

    TechAcademy

    最後に紹介するのは、「TechAcademy [テックアカデミー] 」。

    TechAcademyはマンツーマンのオンラインプログラミングスクールで、 このスクールの特徴は、ゲーム開発や今話題のVRコンテンツが制作できる「Unityコース」や ディレクションやマーケティングについても学べるコースがあります。 サイトやアプリは作って終わりになりがちですが、マーケティングも学べると、その後の運用をどうするべきかなどが見えるので、 セットで受けれると思うと個人的に羨ましいな、と思っています。

    講師はやはり現役のエンジニアや第一線で活躍している方たちで、TechAcademyの試験を通過した人が在籍していますので、サポート面では安心です。

    また、TechAcademyでは「ブートキャンプ」と呼ばれる短期集中型のコースが用意されていて、 受講募集期間と受講開始期間が決められています。 なぜ期間が決められているかというと、一通りの学習が終わった後に、コンテストが開催されるんです。

    TechAcademy

    自分の作品をコンテストに応募して表彰しよう、ということですね。
    最優秀賞には「ブートキャンプ4週間プラン受講権」、優秀賞では「ブートキャンプ受講料3万円引き」がもらえるそうです。 審査員が名だたる社長さんだったりするので、受賞後の注目度はめちゃめちゃ高いです。これは燃えますね!

    TechAcademyが向いてる人

    • これからプログラミングを始めたい人、プログラミング初心者の人
    • Webサイトを作りたい人
    • Webサービスを自分で作りたい人
    • iPhoneアプリを作りたい人
    • ゲームや今話題のVRコンテンツを作りたい人
    • 自社サイトのリニューアルを自分でやりたい人

    TechAcademyのコース

    プログラミング、デザイン、マネジメント、オフィスなどのカテゴリに分かれていますが、 こちらも目的別にまとめると、以下のようになります。

    • Webサービス開発(Ruby on Rails/RubyやLaravel/PHPでのWebアプリケーション開発、HTML、CSS、jQuery)
    • Webサイト制作(デザイン・HTML/CSSコーディング)
    • WordPressを使用したサイト制作(WordPress・HTML/CSSコーディング)
    • フロントエンド開発(HTML、CSS、JavaScript)
    • iPhoneアプリ開発(Swift、Xcode)
    • Androidアプリ開発(Java)
    • Unityでのゲーム開発

    「自分に向いてるコース」や「Webサービスを作りたいけど、RubyやPHPだとどっちがいいか」などは、目的によっても変わるので、 もし関東に住んでいる人は渋谷で行われる無料説明会に行って、直接質問してみるのが良いと思います。

    TechAcademyの料金

    大体のコースで、1ヶ月119,000円〜3ヶ月219,000円で、最安だと48,000円からのコースもあります。 今回紹介するスクールの中では、結構お安い。

    さくらのレンタルサーバのスタンダードプランが1年間無料

    なんと、受講するとさくらのレンタルサーバのスタンダードプランが1年間無料でついてきます。これはお得です! 自分の作品をアップしたり、ポートフォリオサイトを作ることも出来ますし、1年経ったら継続して契約延長しても良いんです。

    さくらのレンタルサーバはぼくも使っていますが、オンラインストレージサービスが使えたり、モリサワのWebフォントが無料で使えたりするのでかなりオススメです
    よかったらこちらの記事もあわせて読んでみてください。
    【関連記事】初めてのWordPressサーバーを選ぶならこれだ!オススメのレンタルサーバー3選

    学習にはモチベーションが一番大事

    いかがでしたか?

    やはり、プログラミングの習得にはモチベーションが一番大事だと思っています。 途中で挫折してしまう人は、モチベーションが続かないから、という理由が多い気がします。

    プログラミングも言語なんです。そして、言語は毎日触れていないと覚えることが出来ません。 それに、教えてくれる先生がいるのといないのとでは、やる気も学習効率も全然違います。

    これからプログラミングを学ぶのは、とても有意義な自己投資だと思います。 決して安いものではありませんが、アイデアを形にする価値がありすぎる。

    一緒にプログラミング始めませんか?

    注目記事

    最近の記事

    ぼくが書いてます

    フロントエンドエンジニア

    イソップ

    ページの先頭に戻る

    Search results

    ×