「ミニマリストの部屋づくり」を読んだら、いますぐ部屋を片付けたくなった

スポンサーリンク

どうも、イソップです。

今「ミニマリストの部屋づくり」を読みました。

たまたま入ったモスバーガーの店内に置いてあったので、何気なく手にとった本です。

それがですね…ぼくにどストライクな内容でした。

極限まで切り詰める必要なし

この本では、適度に物を減らすことについて、シンプルに書かれていました。

モノを減らしすぎる必要はありません。
ぼくも共感です。生活が困難なレベルなほどモノを減らしたら本末転倒ですからね。

ミニマリストってストイックな感じするじゃないですか。非ミニマリストからすると、構えちゃうというか。
でも、掃除が苦手な著者が段階的に変わっていく様子が書かれていたので、
ぼくもスッと気持ちが入っていきました。

なんか運が悪い

著者のおふみさんは「運がついてない」というきっかけから、
ミニマリストになろうと決心したそうです。

散らかった家に住んでいると、そうゆう運気が舞い込んでしまうんです。

確かに、ぼくの周りは片付いてない。(さすがに見せられないですけどね)
それに仕事も家庭も、なんかうまく回らないことが多い。
奥さんと掃除に関してケンカしたりもします。

…つまりそうゆうところからなのか。

休みになると、家にいるのが嫌だと思う

多くの人は、休みの日になると外に出かけたくなりますよね。
ぼくもそうです。外出たいっす。

でも、実は家が散らかっていることから逃げたい欲が働いてると、本の中には書いてありました。

そうなんです。掃除できてないから、部屋を見るとストレスが溜まるんです。
でもモノが多いからちょっとやそっとじゃ片付かない。
時間もないし、また今度。よし、出かけよう!
と、なるわけです。

ぼくはこのサイクルで、掃除のチャンスを見過ごして後回しにしていました。

あと、モノが多いといろいろ考えちゃうんですよね。
「あれ、買ってからずっとそのままだなー」とか「そろそろやらないとなー」とか。

モノが多いことが、知らず知らずのうちにストレスになってしまっていた…。

読み終わったら、いますぐ掃除したい

毎日何気なく過ごす空間が、ストレスになっていたことがわかりました。

自分が家にいて気持ちいい空間になるために楽しむこと、が重要な気がしましたよ。
無駄に考えるのが減ればいいんです。

普段あまり考えたり気づいたりできないけど、
多くの人が必要以上のモノを持っているんだなと思うきっかけをもらえた本でした。

とにかく家に帰って、すぐ掃除しよ。