Jump to the content

ejs-cliで、EJSをCLIから使う方法

npm

    どうも、イソップです。

    最近のコーディング業務では、静的サイトでもHTML出力にJavaScriptのテンプレートエンジンを使うことが多いです。 以前まではJadeを使ったりしていましたが、なんか個人的にシンプルじゃないって思ったりして、 今はEJSに落ち着きました。

    ベースはやっぱりHTML構文がいいんですよ。余計なこと考えなくてもいいし、協業する場合も負担が減ります。 EJSならテンプレートエンジンでやりたいことは一通りできますしね。

    そこで今回は、EJSをCLIでコンパイルする方法を紹介したいと思います。

    EJSとは

    今回は、EJSの使い方の説明はしません。
    次のページを読むと大体わかりますんで、夜・露・死・苦。

    ejs-cliを使う

    @fnobi が作ってくれている、ejs-cli というnpmパッケージを使います。

    このモジュールを使えば、CLIからEJSのコンパイルが可能です。 ぼくはgulpを使わないことにしたので、こちらを使います。

    Simple is best.

    インストール

    npm -g install ejs-cli
    

    実行コマンド

    ejs-cli "*.ejs" --out dest/ --options options.json
    

    ejs-cli コマンドの後に、ejsのファイル名(ワイルドカード指定可)、--out でHTMLファイルの出力先を指定、--options でjsonでの外部データを使用可能です。

    ejs-cli コマンドのその他のオプションは、次のとおり。

    • -f, --file: 対象のejsテンプレートファイルを指定。-fを省いて、ファイル名だけでも認識します。
    • -b, --base-dir: --file オプションで探索するディレクトリを指定。デフォルトは、"./"
    • -o, --out: HTMLファイルの出力先を指定。
    • -O, --option: JSONのファイルパスか、JSON文字列を指定。省略可。

    実際の使用例

    ぼくの場合、ejsファイルは開発用フォルダ、出力先はサイト公開用フォルダに分けているので、次のように使っています。

    ejs-cli --base-dir src/ejs '*.ejs' --out ./dest
    

    EJSで繰り返し作業をやめる

    テンプレートエンジンを使うと、変数が使えたり、ループ処理が出来たりと、とにかく便利です。 少しでも作業効率を上げて、開発スピードを早くする工夫をしましょう。

    注目記事

    最近の記事

    ぼくが書いてます

    フロントエンドエンジニア

    イソップ

    ページの先頭に戻る

    Search results

    ×