Jump to the content

その差なんと月々5000円!ソフトバンクからmineoの格安SIMに乗り換えました

Other

その差なんと月々5000円!ソフトバンクからmineoの格安SIMに乗り換えました

どうも、イソップです。

今年7月のことでした。 長年使っていたiPhone5が壊れて、電話が繋がらなくなりました。

もう3年は使ったので、十分買い替え時期ですね。 ソフトバンクにいかなきゃ〜。

待て待て待て待て。

実際に払ってたソフトバンクの料金

これ実際のぼくのソフトバンクの請求。
ずっとソフトバンクだったけど、もっとお得に契約できる方法はないものか。 だって、大して通話もしないのに月々6500円もかかってるのよ。 年間78,000円よ? バカにならないっしょ。

そんなぼくみたいな節約したい人にオススメなのが、SIMフリーです。
あまり通話しない人にとっては、ま〜断然安い。

格安SIMを提供してる業者(MVNO)をデータ通信量3GBで調べてみると、大体月額1500~1600円くらい。アホがつくほど安い。

そして、今までと比較してみると、

ソフトバンク(データプラン2GB): 6500円/月(現在)
格安SIM(データプラン3GB): 1500~1600円/月

その差、 約5000円。(しかもデータ通信量増えてる)

ちなみに、次に買う機種はiPhone SEに決めてました。
もちろん格安SIMが使えます。

さぁ、乗り換えだ。

格安SIMでお得になる人の条件

ズバリ、あまり通話しない人。 大体ひと月の通話が1時間を超えるようなら、ドコモやソフトバンクなどのキャリアの方が安くなります。残念ながら、通話が多い人には向いていません。

あとは、電話が要らない人にもオススメです。
電話はLINEやFacebookメッセンジャー、Skypeでもできますしね。 国内キャリアで契約するのがバカバカしいっす。

格安SIMの候補はBIGLOBEとmineoに

一口に格安SIMと言っても、いっぱいあるわけです。

そんで、ぼくが安さと一緒に選ぶ基準は2点。

  • 余ったデータ通信量を分け合える(パケットシェア)
  • 外での作業用にテザリング必須

その条件から、BIGLOBE SIM mineo に絞り込みました。

この2つの違いは、パケットシェアの仕組み
パケットシェアは決まった容量を複数台で分け合えるというものですね。

まずBIGLOBEは、トータルのパケット通信容量を契約している家族全体で当月内で共有します

それに対してmineoのシェアの仕組みは、当月繰り越したパケットを翌月に家族内で共有できます

この違いがおわかりでしょうか。
BIGLOBEはその月々でシェアできる仕組みですが、mineoは余った分を翌月シェアできる仕組みです。
つまり気づいちゃいましたよ、BIGLOBEのほうが使い勝手が悪いということですね。

トータル容量を分け合うということは、家族の誰かが通信量を使いすぎてしまった場合、自分にも影響があるってことですよ。 それを気にして、毎月パケットに神経を尖らせるなんて、、

奥さんとケンカになります

ということで、満場一致でmineoにしました

mineoでテザリングするなら迷わず「ドコモ回線」

mineo は、関西電力系列の関西電力系列の電気通信事業者ケイ・オプティコムが提供する格安SIMです。

ケイ・オプティコムはeo光とかのインターネット接続サービスで有名です。 関東圏の人にはあまり馴染みがないかもしれないですけど、もちろん信頼できる業者さんです。

mineoではテザリングに対応しています。ノマドワーカーさんにはとても嬉しい!
で、mineoのSIMでテザリングをするのであれば、ドコモプラン(ドコモ回線)にしましょうmineoでテザリングできるのは、ドコモプランだけです。これがわかっていないと後で泣きます。

ぼくは通話も使うので、こちらの3GBプランにしました。

iPhoneはアップルストアでSIMフリー端末を買おう

Apple Store

合わせてiPhoneを買い換えるなら、Apple Storeで買いましょう。Apple Careも入れますし、安心です。
普通にオンラインストアから買えば、SIMフリー端末が届きます。

ヤフオクとか他のルートでも買えますけど、安いだけでトラブルの元です
絶対に端末の安さに惑わされてはいけません。

もし、今持ってるiPhoneでmineoを使いたいと迷っている方は、こちらの記事もあわせて読んでください。

乗り換えの手数料はこんな感じ

softbank手数料

ソフトバンクは、更新月でなければ手数料として、 9,500円(税抜)かかります。 ぼくはそれにプラス、MNP転出手数料3,000円も加わって、合計12,500円でした。

一方、mineo側でも3,240円の初期費用がかかります。覚えておきましょう。

うわ〜、って思うかもしれませんが、こんなのすぐに元とれます。安心してください。

実際使ってみた感想

その後、端末も届いて1ヶ月は使ってみましたが、快適の一言です。今までと何ら変わりません。 ドコモ回線ですし、通信状況が悪いとかもなく、特に不自由してないです。

mineoの請求内訳

実際の料金内訳はこんな感じです。
めっちゃやっすい!!! キャンペーン割引もあって1,428円ですけど、それを除いても通話代込みで2,300円くらい。 こんなことなら、もっと早く格安SIMにしておけばよかった。。

mineoはデータ通信量を確認できるアプリもある

実はmineoでは、通信量の確認や速度制限を自分で設定できる「mineoスイッチ」というスマホアプリも出してます。

今月の通信量ヤバい〜、ってのがアプリからすぐわかるので、結構便利です。
こうゆうのってサービスのマイページにいかないと見れないんですよね。かゆいところに手が届くのがありがたい。

mineoスイッチ

アプリの下のほうにある節約機能のボタンを押すと、自分で速度制限をかけられます。
mineoのサービスをムダなく使うことができますよ!

ぼくは断然mineo推しです!

というわけで、mineoはぼくのようなノマドワーカーさんにもオススメできる格安SIMです!
毎月の携帯代を節約したい人は、選択肢の1つとして考えてはどうですか??

月額756円(税込)からの格安スマホmineo

注目記事

最近の記事

ぼくが書いてます

イソップ

フロントエンドエンジニア

イソップ

ページの先頭に戻る

Search results

×