【WordPress】キーワード選定でもう迷わない! Yoast SEOのFocus keyword機能がものすごく使える件

スポンサーリンク

WordPress の人気SEO対策用プラグイン Yoast SEO では、 Focus keyword という項目を設定できます。
しかし、何のための設定なのかわからなかったので、 Focus keyword について調べてみました。

WordPressプラグイン、Yoast SEO とは?

Yoast SEO

まずはじめに、Yoast SEO の説明をしておきましょう。

Yoast SEO はSEO対策の設定を管理するための、WordPressのプラグインです。
タイトルタグやメタタグの設定はもちろん、SNSアカウントの設定やOGP設定、サイトマップの出力やパンくずリストの表示など、無料で使えるのに超高機能なプラグインです。

Yoase SEOのGoogleトレンドでの数値

Googleトレンドをみるとわかるように、最近非常に人気が上がってきています。

今回はこのプラグインの設定で、Focus keyword という設定項目があり、これが何を指しているのかに一石を投じます。

Focus keyword を使ってより最適なSEO対策

Focus keywordの設定例

Focus keyword は、各記事の設定画面に項目があります。(画像の赤い部分)
このキャプチャは、現在運営している暮らしミルというメディアサイトで、実際にキーワードを入力した際の表示です。

プラグインの公式サイト にはこう書いてあります。

Focus keyword は、あなたのページのランク付けのためのキーワードです。そのキーワードで検索をした際に、あなたのページがヒットするためのキーワードのことです。
Focus keyword を入力欄に設定すると、プラグインはページのコンテンツを評価して、キーワードのページを改善するためのフィードバックを提案します。

つまり Focus keyword は、プラグインがキーワード設定に応じたコンテンツかどうかを評価・フィードバックをしてくれる機能です。
悪いところは改善点を提案してくれるので、コンテンツを最適化することができます。

例えば、ここで入力したキーワードがページタイトルやURLに含まれているかなどをチェックしてくれるので、SEO対策に有効なわけです。

ぼくもはじめは、HTMLのメタ設定に関係するものなのかと思っていましたが、そうではありません。

解析結果は3段階

Focus keywordの設定例

キーワードを入力すると「解析」の項目に、ページの解析結果がリアルタイムで表示されます。

フィードバックの重要度は、赤・オレンジ・緑の3色で表されます。
緑は良好で、赤かオレンジはキーワードを改善させることができることを表しています。
また、オレンジよりも赤のほうが重要度が高いことを表しています。

Focus keywordの判定結果を見る

Focus keyword のフィードバック結果は英語なので、日本語訳にした一部の文章を紹介します。

The text contains 132 words. This is below the recommended minimum of 300 words. Add more content that is relevant for the topic.

「テキストは132単語が含まれています。これは、300の単語の推奨最小値を下回っています。トピックに関連するより多くのコンテンツを追加します。」

The focus keyword '****' does not appear in the SEO title.

「フォーカスキーワード '****' SEOのタイトルには表示されません。」

A meta description has been specified, but it does not contain the focus keyword.

「メタ記述が指定されていますが、フォーカスキーワードが含まれていません。」

The focus keyword doesn't appear in the first paragraph of the copy. Make sure the topic is clear immediately.

「フォーカスキーワードは、コンテンツの最初の段落には表示されません。トピックが明確であることを確認してください。」

The images on this page do not have alt attributes containing the focus keyword.

「このページ上の画像は、フォーカスキーワードを含むALT属性がありません。」

The meta description is under 120 characters, however up to 156 characters are available.

「メタディスクリプションは120文字以下が望ましいですが、156文字が設定されています。」

The page title is wider than the viewable limit.

「ページタイトルが表示可能な文字数よりも多くなっています。」

The focus keyword does not appear in the URL for this page. If you decide to rename the URL be sure to check the old URL 301 redirects to the new one!

「フォーカスキーワードは、このページのURLには表示されません。名前を変更することを決定した場合のURLは、古いURLの新しいURLへの301リダイレクトを確認してください!」

This page has 0 nofollowed link(s) and 1 normal outbound link(s).

「このページは0 nofollowedリンクと1つの外部リンクがあります。」

The focus keyword appears in 1 (out of 6) subheadings in the copy. While not a major ranking factor, this is beneficial.

「フォーカスキーワードは、コンテンツの見出し(6つのうち)1つ目に表示されます。主要なランキング要因ではないですが、これは有益です。」

The keyword density is 0.8%, which is great; the focus keyword was found 1 times.

「キーワードの密度は0.8%です。フォーカスキーワードが1回検出されました。」

狙った検索キーワードに対してページの最適化をしよう

いかがでしたでしょうか。

Yoast SEOのFocus keywordを活用することで、検索結果でのランクアップに期待が出来ます。
プラグインの設定は簡単なので、ぜひ試してみて欲しいです。

また、ページのコンテンツキーワードの選定は簡単ではありませんが、Google キーワードプランナー と併用して
SEO対策をすることで、より一層アクセスアップに効果的です。この話はまた今度。


イソップへのお悩み相談募集中

イソップに相談しませんか?

当ブログで紹介しているような、Web制作やフリーランスへの悩みをイソップに相談してみませんか?
回答できることがあれば記事の中でご紹介します。